勉強会情報

無料で勉強:ショックの症例検討会

2020年はじめまでは、各地域・医療機関で症例検討会が開催されていました。

他の病院を訪問するのはどきどきしましたし、ほかの職種の方との検討会では新たな視点を得ることができました。

今回はオンラインで無料で開催される症例検討会のご案内です。

開催はDIRECT研究会×循環動態アカデミー

今回は2つの団体がコラボをして開催されます。団体のご紹介は、私にとってなじみのある順番で行わせていただきます^_^

DIRECT研究会

DIRECTとは、Diagnostic and Interventional Radiology in Emergency, Critical care, and Traumaの頭文字です。

救急医療に携わるすべての医療従事者を対象に、救急診療における画像診断とIVRに関して情報発信をしています。

画像診断のコースや、出血に対する処置であるREBOAのセミナーを開催しています。

循環動態アカデミー

恥ずかしながら、初めてこういう団体があることを知りました。

循環動態について、基礎研究から臨床まで幅広く学ぶことができるプラットフォームのようです。

循環動態を正しく理解するのは本当に難しいので、このような場があるのは素晴らしいです。

基礎研究を重視されているのも、この領域ならではだな、と思いました。門外漢の私でも、基礎と臨床が近いように感じます。

SUMMER CAMPもしているそう!熱い!

ホームページからは教育資料を入手することもできるようです。

色合いがポップで楽しく勉強できる気がしてきます🎵

DIRECT研究会症例検討会の概要

〇開催日時:2021/10/08 18:00~21:00

〇開催方法:Web

〇参加費:無料

〇テーマ:Shock Team Conference vol1. 「心原性ショックと出血性ショック」

REBOAを使用するような外傷性出血性ショックの症例検討になるようです。

〇対象:特に記載はありませんでした。

DIRECT研究会の会員でなくても参加できます。申し込み時に医師免許番号などの個人情報の入力が必要でした。

〇詳細はこちらから

参考書籍

〇DIRECT研究会が出版した書籍です。

今回の検討会とはテーマが異なります。


〇今回のテーマである「ショック」に関する最新の知見がまとめられています。


以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

こちらの記事もおすすめ!