勉強会情報

風邪を学ぶ。「かぜ診療の心得アップデート」無料のオンラインセミナーご紹介

季節も秋めいてきました。

秋が過ぎると冬が来る・・冬になると増えるもの・・・それは「風邪」です。

「かぜですね~」と診断する前に、いろいろ考えることがあるのですが、忙しい時は見落としやすいので注意が必要です。

今年はインフルエンザのワクチンの供給量が昨年よりも減るという報道もなされています。

そんな今、参加したい!と思った勉強会をご紹介します。

「かぜ診療の心得アップデート」

主催するのは、数多くの医学書を出版する「医学書院」です。

登壇する先生方は、「この人たちだけで何冊本を出してるんだろう・・・」と思わせるメンバーです。

この人たちの風邪診療の話はぜひ聞きたいです!(しつこい)

それでは、セミナーの概要をご説明します。

講師陣

・司会:山中克郎先生(福島県立医科大学会津医療センター 総合内科

・講師その1:岸田直樹先生(感染症コンサルタント)

・講師その2:山本舜悟先生(京都市立病院感染症内科)

開催日時

・リアルタイム配信:10/21(木)19:00~21:00
・開催後1か月間のアーカイブ配信(見逃し配信)あり

対象

医療従事者であればだれでも参加可能

主に医師(総合診療医、プライマリ・ケア医、家庭医など)、研修医に向けた内容になっている。

申し込み方法

下記の医学書院のサイトから申し込みが可能です。

講師の先生方の書籍

〇岸田先生の「風邪」の本です。2019年改訂版。


〇山本先生の「かぜ」の本です。2019年改訂、電子版もついています。



〇山中先生の最新のご著書です(雑誌はのぞく)


 

〇山中先生の長野での生活をつづられたエッセイです。


以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

こちらの記事もおすすめ!