勉強会情報

数学が苦手なあなたに!大人でも楽しく学びなす。おススメ本2冊

みなさん、数学はお好きですか?学生時代得意でしたか?

私は苦手です・・・大学入試で数学とはおさらばとおもっていたら、大学の授業でも数学があってがっくりきました。

周りに「理系男子」が多いので、いまでもかの「大学への数学」を趣味として購入して問題を解いている・・・なんて猛者も友人にはいますが、信じられません!

今回は、そんな私が「とはいえ、もうすこし数学とお近づきになりたいな」と思い読んでみて面白かった書籍をご紹介します。

東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!

文系の筆者が、東大の数学科の教授から中学3年分の数学を5~6時間で学ぶ、というコンセプトの本。

対談形式で、特に教師役の西成先生が「心底数学が好き!」というのが伝わってきて、楽しく読むことができます。

私がぐっときたのは

  • まず学ぶことのゴールを示して、その後個別の話を進める
  • 式を立てるというのは再現性のあるパターンを考えること

などという記述です。

数学の考え方が実生活でどう応用されているのか、もわかるので「数学勉強して意味あるの?」という疑問に答えてくれる一冊と思います。

これを読んだからと言って、数学の問題がすらすら解けるようになるわけではないですが、数学の楽しさや学ぶ意義が分かるようになるので、大人だけでなく数学を勉強中の世代にも読んでほしいです。

こちらから購入できます。電子書籍版もありますよ。


「数学ガールの秘密ノート」シリーズ

この、「数学ガールの秘密ノート」は、中学生・高校生を対象にした数学の読み物です。

数学の領域の様々なテーマを取り上げた書籍が出版されています。

式とグラフ、整数、微分、統計などなど・・・

私は統計を扱った「やさしい統計」を読みました。


対話形式で、わかりやすく「どうして統計の考えが大事なのか」を伝えてくれています。

電子書籍で読むときは、拡大・縮小がスムーズにできないので注意が必要

紙の本の方が読みやすいと思いました

筆者の結城浩さんは、プログラムを書く人でもあるようです。

実際に数学の考えを活用して仕事をされているので、こういうわかりやすい本を書かれるのかな、と思いました。

統計以外のシリーズや超苦手だった物理のシリーズも読んでみたいな、と思いました。

なんと、Web連載もされていて無料で読むことができます。

なんとふとっぱら!

書籍の元になっている内容だと思うので、これを読み進めるのもいいですね。

スキマ時間のお勉強によさそうです🎵

以上、ご参考になればうれしいです。それでは。

 

こちらの記事もおすすめ!