勉強会情報

臨床推論、臨床研究、外科的気道管理のセミナーを3つご紹介

今回ご紹介するのは、臨床推論、臨床研究、外科的気道管理に関するセミナー3つです。

定員が設けられているものもあるので、関心のある方は早めにチェックしてみてください。

Dr. Gerald Stein臨床推論カンファレンス

米国内科学会(ACP) 日本支部の委員会によって開催されるイベントです。

日本での医学教育にも長年尽力されてきたGerald Stein先生を招いて、アメリカのPBL教育を体験することができます。

開催概要

  • 日時:5/22(日)9:00-12:00
  • 開催方法:オンライン
  • 費用:医学生、研修医(初期・後期含む): 200円
    中堅医、指導医:1000円
  • 内容:参加者が行う症例プレゼンテーションを通じ医学的な知識はもちろんのこと、スタイン先生よりPBLの勉強の仕方やプレゼンテーションの方法を学ぶ。

タイムテーブルや申し込み方法は、こちらの公式ホームページをご確認ください。

〇臨床推論についてはこういう書籍もあります


第12回 臨床研究てらこ屋[事前学習+来場型]

二つ目にご紹介するのは、NPO法人iHOPEが主催する臨床研究について学ぶことができるセミナーです。

こちらのセミナーについては以前もご紹介していますが、今回は東京開催のセミナーをご紹介します。

臨床研究に関する勉強会3つ:本日開催のものも今日は臨床研究や論文執筆に関係する勉強会を3つご紹介します。公衆衛生大学院に関心のある方におすすすめです。...

開催概要

  • 日時:2022619日(日)9301630
  • 開催方法:事前学習+当日の講義・グループワーク・発表会
  • 対象:臨床研究に関心のある臨床医
  • 開催場所:日本橋ライフサイエンスビルディング 東京都中央区日本橋本町2-3-11
  • 費用:10,000円(税込)
  • 申し込み締め切り:2022年5月20日(金)

プログラム

国際誌に論文化された研究を題材に、その著者とともに研究のプロセスを追体験し、研究をデザインするための必須知識やポイントを学びます。

  1. 疑問の構造化(PECO作成)
  2. 第3の因子をみつける(多変量解析にいれる因子の決め方)
  3. 測定をデザインする(PECOと第3の因子の測定法)

初心者でも安心して参加できそうですね。

具体的な内容や、申し込み方法は公式ホームページをご確認ください。

〇塾長の福原先生の著作です、おすすめです。


緊急外科的気道管理Webinarコース

3つ目は、AMCA(麻酔と救急・集中治療のための気道管理)が主催する、緊急外科的気道管理のコースです。

外科的気道確保は気道確保の最終手段です。

本来は、手を動かし勉強するものですが、感染対策のために今回はオンラインで開催されます。

開催概要

  • 開催日時:2022年5月29日(日曜日) 9:00〜  (3.5時間を予定)
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 費用:5000円
  • 対象:医師(診療科、学年は問いません)
  • 定員:20  
  • 内容:外科的気道に必要な解剖、輪状甲状膜切開と気管切開の違い、気道エコー

プログラムや申し込み方法などの詳細は、こちらの公式ホームページをご確認ください。

〇今回のテーマに関連した書籍です。


 

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

こちらの記事もおすすめ!