医療情報

自宅で運動!無料で活用できる資料のご紹介

思うように外出ができないようになり、運動をする機会が減りました。

山歩きが好きな私ですが、職業柄&医療現場の実態を知っていると「遠出して怪我をしたり事故をしたりしたらえらいことになる」と思ってしまいます。

そんなわけで、都道府県境をまたいでの山歩きが躊躇され、運動をする機会がめっきりへってしまいました。

これではいけない、と増え続ける体重を目にして、運動をする機会を増やすようにしました。一つは自宅近所のを歩くこと、もう一つは室内での運動です。

鴨川を歩くのもいい蘊奥です

今回は、屋内での運動やストレッチに役立つサイトをご紹介します。

自主トレバンク

理学療法士の方が運営されているサイト

自宅でのリハビリやストレッチから筋トレまで、幅広い目的に合わせた運動方法が図で紹介されています。

検索機能も充実していて

「キーワード」「姿勢」「部位」「運動の種類」を指定して検索をすることができます。

個人的には、立位・座位・臥位などの姿勢から選ぶことができること

運動の種類に有酸素運動・筋トレはもちろんのことバランストレーニングが入っているのが良いな、と思いました。

リハビリの目的としても、疾患名(脳梗塞)、予防目的(腰痛、転倒など)、高齢者向け、などの絞り込み検索も充実しているのでおススメです。

パワーポイントとpdfファイルでダウンロードできて、1枚について1メニューが紹介されているのでシンプルでいいな、と思いました。

自主トレバンクのHPはこちら

B-life

もとバレエダンサーでヨガ講師の方が運営しているサイトサイトです。

有料のオンラインサロンなどのサービスもあるようですが、無料でも十分質の高いプログラムが提供されています。

良いと思う点は、ヨガやストレッチなど激しくない運動と、筋トレなどの激しい運動がうまく組み合わさっていることです。

あと、無料のカレンダープログラムが提供されていて、月ごとにその日に行うと良いストレッチや運動が紹介されています。

運動やストレッチはYoutubeで見ることができるので、無料で、自宅で、誰に見られることもなくスポーツジムのスタジオレッスンが受けられるような感じです。

私がこの動画が良いな、と思うところは、「このポイントは注意してください」「この姿勢ができない人はこうしてください」という声掛けが絶妙で、動画を見ながらでもレッスンを受けているような気分になれるところです。

B-lifeのサイトはこちら

B-lifeのYoutubeチャンネルはこちら

おススメグッズ

〇トレーニングマット

運動するときには、トレーニングマットをひくと痛くなくて、「ストレッチしようかな」という気分になるのでおススメ。セパレートタイプだとスペースに合わせて設置できます🎵


これ以上、運動不足にならない様、私も運動をする機会を作っていきたいです(^^;

以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

こちらの記事もおすすめ!