グルメ

新たな人気店誕生?2022年オープンのかき氷店「つみき」

京都の二条駅近くにある人気のかき氷店「つらら」

私も何度か訪れたことがあります。

桜の季節がやってきた!京氷菓つららで「桜」&「杏仁」かき氷1年中かき氷を提供している「京氷菓つらら」で桜味のかき氷を食べてきました。桜餅を食べたような満足感です🎵...

夏場になると暑いにも関わらずお店の外に行列ができるほど。

美味しいのはわかっているけど、並びたくない、予約をするのはめんどう、二条駅からちょっと歩くので「わざわざ」行かないといけない、というのがネックでした。

四条烏丸「つみき」

その「つらら」で修業された方が2022年に新しく四条烏丸にかき氷店をオープンされました。

その名も「つみき

「つ」で始まり「3文字」なのは修行されたお店への思いなのでしょうか。

実は、夏場にもお店の前を通りかかったのですが、その日は夕方にも関わらず4~5人が待っておられる状況。

つみき」にも予約システムはあるようですが、予約してまで出かけるのはなぁ(これは近場でも変わらず)ということで夏は行くことができませんでした。

10月に入ったころ、お店の前を通る機会がありのぞいてみると行列はなく「すぐ入れます」という案内がありました。

現代ならパントマイム?な壬生狂言をご紹介:鑑賞方法や注意点も700年の歴史がある壬生狂言を見てきました。パントマイムとも言えて、気楽に観ることができて面白かったのでご紹介します。...

肌寒い日でしたが、きっとお店と出されるお茶は暖かいだろう、とふんで入店しました。

お店の様子

このお店は外に面したところでかき氷を削ったりするスペースがあります。

店内も広くて、明るい雰囲気。

壁に向かい合って食べるカウンター席と、テーブル席があります。

私が訪れたときは、若者たちがかき氷を食べながらおしゃべりに熱中していました。

混雑時は提供されてから30分で退店する、というルールがあるようです。

秋と春が同居

今回注文したのは「栗と桜」

メニューを見ているなかで、一番食べてみたいと思ったから。

「つらら」で、桜餅かき氷を食べて美味しかった記憶があり、
また、秋なので栗の味も食べてみたいなぁ、と思ったのでこちらにしました。

まさに春と秋が同居、っという感じ。

注文して少し待ったところで登場。

上にはクリームと、クルミが乗っていました。

横から見るとこんな感じ。

下の緑は抹茶ではなくて、よもぎのシロップです。

食べ進めると、ふわふわで食べやすい。

つーんとくる感じはありませんでした。

中にはグリオットチェリーが入っていて、お酒の入った甘さが味に変化をつけていて美味しかったです。

外は肌寒かったですが、室内は暖房がついていてお茶も温かかったので、ぺろりと完食しました。

まだオープンしたてということもあり、メニューも限られています。

これからメニューも増えて、人気店になるのかな、と思いました。

また、行列がない時には出かけてみたいと思いました。

店舗情報

  • 店名:京かき氷 つみき
  • 住所:京都四条新町北へ20m(京都市中京区小結棚町441 京都たばこ会館 1F)
  • 最寄り駅:四条烏丸
  • 営業時間11時半〜20時半(LO20時)
  • 定休日:水曜

予約サイトへの案内もある公式インスタグラムは、こちら

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇こんな雑誌も販売されるのですね


こちらの記事もおすすめ!