グルメ

マールブランシュロマンの森カフェ 京都伊勢丹店に行ってきた

京都が誇るスイーツショップ「マールブランシュ

抹茶クッキーでホワイトチョコをはさんだ「茶の菓」は京都土産のテッパンです。

店舗は今はほとんど京都市内にしかないので、京都以外の方への贈り物としても重宝しています。

季節ごとでパッケージを変えるのも「うまいなぁ」と思っています。

そんなマールブランシュが、パンとかの食べ物系も販売するお店が「ロマンの森

大きな店舗が京都の東の端 山科区にありますが、駅から遠いので出かけることができていませんでした。

京都伊勢丹にもお店ができたということで、一度行ってみたかったのですが今回お昼過ぎに京都駅を通る用事があったので出かけることができました。

ロマンの森カフェ

お店があるのは京都駅にあるジェイアール京都伊勢丹の3階

中央のエスカレーターを上がるとこんな風に表示があります

ジェイアール京都伊勢丹はちょっとお店の場所が分かりにくいのでこういう表示はうれしいですね。

進んでいくとお店がありました。
お昼をすぎて結構時間がたっているのにお店は満席

タッチパネル型式で人数、携帯電話を入力
順番が近づいたら電話で連絡をしてもらえる方式でした。

お客さんはお店を見て回れるし、お店側も売り上げにつながるかもしれないし、Winwinですね。

5分もしないうちにカウンター席に案内されました。

景色の良いカウンター席

窓に面してカウンター席があります。

席からの景色はこんな感じ。
京都タワーが見えます

席のスペースは狭いですが、ドリンクを飲みながら勉強をしている人もいました。

テーブル席もありますが、テーブルも椅子も狭くてゆっくりお話しするのはむつかしいかな。

注文方法

空いているところで好きなところを場所取りして・・・

ショーケースがあるところで自分で注文して席までもっていくセルフサービス方式です。

メニューはこんな感じ

本当は食べ物系を頼みたかったのですが、売り切れていて残念。

なので、これもいつか食べたかった「丹波栗のモンブラン」にしました。

丹波栗のモンブラン748円

お水はセルフサービス。

かわいいナプキンはオリジナルだと思います。

サイズは大きくないです、栗のクリームの色がほかのモンブランに比べると薄めかな。

切ってみるとこんな感じ


一番下には栗きんとんのような栗クリームがありました。

値段に比べると小さめですが、これくらいの方があっさり食べられて良いかな。

一度食べてみたかったので、食べられて満足しました。

今回は、キッシュやパイなどのお食事メニューが売り切れていて残念。

人気の「うまみさん」が使われているケーキも売り切れでした。

食事メニューも食べてみたいなぁ、と思うけれど、お店の雰囲気的には「さくっと食べる」雰囲気。
でも、伊勢丹の3階まで上がってくる手間を考えると、なかなかハードル高いなぁ、と思うのでした。

ジェイアール京都伊勢丹の6階にあったマールブランシュのサロン・ド・テが閉店していました。
ロマンの森ができてからもあったのに・・・
今は店舗改装中とのこと、このロマンの森はざわざわしているから、6階のマールブランシュ サロン・ド・テも残しておいてほしいなぁ

以上、ご参考になればうれしいです。
それでは。

〇京都観光に役立ちそうなムック本です


こちらの記事もおすすめ!