2022年秋の上高地

秋の上高地2022part4:五千尺ホテル初日の夕食

秋分の日の連休に上高地に滞在しました。

前回は、宿泊した五千尺ホテルの館内施設をご案内しました。

秋の上高地2022Part3:五千尺ホテルの施設ご紹介2022年秋分の日の連休に滞在した上高地。今回は、宿泊した五千尺ホテルの館内施設をご紹介します。...

今回は、滞在初日の夕食についてご紹介します。

メインダイニング「GRAND」でのディナー

食事は基本的にメインダイニング「GRAND」で行います。

時間はチェックイン時に尋ねられて、「することないし早めのごはんがいいよね」ということで18時からにしました。

同じように考える人が多かったのか、18時は混みあってました。

以下、お料理を一皿ずつご紹介します。

アミューズ

ずんだ餅、あなご、鰯とゴーヤのクロケット

右の緑がずんだでした。

一口サイズだけど、いろんな味がして美味しかったです。

このあとパンが登場。

写真にはないけど、バターが美味しくて食べすぎ注意!でした

前菜

信州サーモン・帆立・オマール海老のコンソメジュレ

何かしら、信州の食材を使ったお料理が提供されます。

信州サーモンは必ず出ているような気が。

地元の食材をいただくのも旅行の楽しみなので、うれしいです。

味もおいしかった!

スープ

小布施栗のスープ

茶色く地味な色あいで「これは、ごぼう?」と思いがちですが、香りは栗!

食べても栗!甘くて、デザートのようなスープでした。

美味しかった~

翌日、喫茶ラウンジで栗のお菓子を食べようと思ったのでした。

お魚料理

日本海産チカメキントキのポワレ 鶏節のソース

まわりに付け合わせのお野菜もおいしく、特にフリットが美味しかった記憶があります。

お肉料理

長野県産牛フィレ肉のグリエ 蜂蜜と生姜のソース

詳しく味は覚えていないけど、たぶん美味しかったのだと思います。

デザート

柿とプラムリー (もしくは静岡県産クラウンメロン)

デザートは、いつもメロンと何かで選ぶことができます。

今回は「柿とプラムリー」にしました。

プラムリーとは、緑色のリンゴで、イギリス原産だそう。

真ん中の緑色がプラムリーのアイスクリームです。

少し酸っぱい味がして、口の中がさっぱりしました。

見た目は抹茶アイス見たいなので、目と口が合わなくて戸惑いました。

ミントの風味も入っていたのかなぁ。

柿の味わいとの対比が面白かったです。

食後の飲み物・パティシエ特製小菓子

夜も遅かったのでハーブティーにしました。

小菓子として、つまめるお菓子と

グラスタイプのパンナコッタのようなお菓子も出ました。

昨年泊まって、お料理が美味しいことはわかっていますが、今回も変わらず美味しくて大満足でした。

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇シェフのお料理ブックも出版されています


 

こちらの記事もおすすめ!