日々のこと

特別展「京の国宝」に行ってきました

京都国立博物館で開催されている、特別展「京の国宝」に行ってきました。

前期と後期で一部展示が入れ替わるので、前期の間に行きたかったのですがギリギリセーフでした。

運動不足なので、鴨川を歩いて出かけました。

三条大橋

前線と台風による雨が続いていましたが、この時は晴れ。鴨川の水は増水していました。

鳥も避難してます

てくてく歩いて博物館へ。

<京都国立博物館>

「京博(きょうはく)」の愛称でも親しまれている京都国立博物館は、1897年に開館しました。明治古都館(旧・本館)はそれ自体が重要文化財です。

歴史のある旧本館

特別展は2013年竣工の平成知新館で開催されています。

平成知新館と特別展のパネル

〇京都国立博物館の感染対策

入場は予約制とのことですが、twitterを見ると当日券は毎日出ているようでした。

ということは空いているんだな、と思ったのと、博物館でわいわい話すこともないだろう、と思い出かけてきました。

チケットは予約をしてみましたが、発見できるローソンが近くにないので、結局当日券にしました。特に待つこともなく当日券購入→入館できました。

チケット購入後、マスク装着確認&体温測定があります。

入館時に手指消毒を促されました。

私が行ったときは、人が多いところでも5~6人が一列に固まる、程度でした。感染症流行前の特別展を思うと、かなり空いてますね。

お話をする人もほとんどおらず、静かに拝観できました。

休憩スペースも空いてました

〇展覧会の感想

国宝がずらーと展示されているだけではなく、国宝指定の背景の紹介もありました。修復や保護の過程も知ることができて、興味深かったです。

もちろん、国宝も様々なジャンルが展示されているので、概観をつかむのには良いと思います。

夏休み中ということもあり、ご家族と一緒に来ている小さなお子さんもおられました。いろんな展示があるので楽しめたのではないでしょうか。

後期展示もまた見に行きたいと思います。

<京都国立博物館 特別展「京の国宝」>

場所:京都国立博物館 平成知新館

三十三間堂の向かいです。最寄駅は京阪の七条駅

会期:2021年7月24日(土)~9月12日(日)

観覧料:一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 700円

ご参考になれば嬉しいです。それでは。

こちらの記事もおすすめ!