日々のこと

ミュージカル「ミス・サイゴン」を見てきました

歌舞伎とかを見に行くようになる前は、ミュージカルも好きで時々見に行ってました。

どれくらい好きかやったかというと、卒業旅行で一人でニューヨークに行き、ブロードウェーの当日割引チケットを行列に並んで購入した、というくらい。

今回は、有名な「ミス・サイゴン」が大阪梅田で上演されるとのことで、頑張ってチケットを購入して見にいってきました。

会場は大阪梅田劇場メインホール

会場は、大阪梅田と中津の間にある「大阪梅田劇場メインホール

学生時代はよくこの界隈をうろうろしていました。

こちらに来るのは、けっこう久しぶりで高架下が新しくなっていて、おしゃれになってました。

入場や、チケット発券にはかなりの行列ができているので、日傘は必要。

お昼の講演を見に行きました。

久しぶりのミュージカルで驚いたこと。

トイレの行列

お手洗いの数が少ないのか、開演前・休憩時間のお手洗い行列がすごかった。

女性のみなさん、いちど劇場を出てとなりのシアタードラマシティーやホテル阪急インターナショナルのお手洗いはまだ行列がましだと思うので、そちらを利用するのをおススメします。

劇場内のマナーの違い

この公演だけかもしれませんが、開演までも劇場内の写真撮影は禁止、飲食も禁止でびっくり。

休憩時間が25分あるのですが、みなさんロビーに出て、立ったまま食べたり飲んだりされていました。

歌舞伎では、開演前は写真撮影OK、休憩時間も座席で水分OKなので、知らないで写真撮影してしまっていました。

次があれば事前にちゃんと確認しようと思います。

「ミス・サイゴン」の感想

ほとんどあらすじやキャストの方を調べずに乗り込みました。

主要キャストのみなさんは、日によって変わります。

本日のキャスト(敬称略)

みなさん素晴らしかったです。

特にキムの歌声は、気持ちが伝わってくるようでした。声がかすれているように感じたので、のどに負担がかかっていないか心配になるほどの熱演でした。

最後はスタンディングオベーションでしたよ。

初めて見ての感想

初めて、ミス・サイゴンを見ての感想は・・・

「え、なにこの誰も救われないストーリー」

でした。

終わり方が悲しすぎて、「みんな、この先どうなるのかな」と思って心配になりました。

見る人によって、テーマは「戦争の悲劇」「夢」「若者の恋愛」「母の愛」「包み込む愛」など変わってくるでしょうし、感情移入できる人も変わってくると思いました。

初めて見る人への注意点

何も予習せずに見に来る人がどれだけいるかわかりませんが・・・

  1. けっこう衣装やセリフが大人向けです。小学生ではちょっとむつかしいのかな。
  2. 大きな音や光がピカピカします(結構長時間)。私はこういう音が苦手でドキドキしました。

とはいえ、いままで見てみたかったミス・サイゴンを見ることができてよかったです。

いい舞台をみたなぁ、という思いです。

にわかにミュージカルをみたい気持ちが沸き上がってきました。

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇DVDやサントラも出ているようです


 

こちらの記事もおすすめ!