勉強会情報

感染症のオンライン勉強会:IDATENオンラインセミナー2021

専門領域がなんであれ、感染症はついてまわります。

特殊な感染症であれば感染症の専門科に診察をゆだねることができますが、どの専門領域でも何かしらの感染症を治療することになるでしょう。

初期研修医の時は一生懸命感染症を勉強していても、知識をブラッシュアップしていないと今の常識について行くことができません。

今回は感染症の勉強に役立つツール、セミナーのご紹介です。

IDATEN(日本感染症教育研究会)

IDATENは日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体で、メーリングリスト上での情報交換や、症例検討会、セミナーを開催しています。

メーリングリスト

IDATENのメーリングリストに入っておくと、最新の感染症領域の情報が入ってくるので、特に昨年以降重宝しています(情報量が多いので、取捨選択する必要はありますが)

ML参加者の相談にも、エキスパートの先生が回答されていて、その回答からも学ぶことが多いです。

症例検討会

もう10年以上も前に一度聴衆として参加をしたことがあります。同僚(当時後期研修医)が症例提示をしていましたが、熱意溢れる会だった記憶があります。

セミナー(夏と冬)

年2回開催されていたセミナー。

空き時間に参加者で観光にでかけたり、いろんなアクティビティがあって楽しかったです。

その際に出会った人と後々別の場で再会したり、勉強以外に得ることも多かったです。

IDATENオンラインセミナー2021

昨年以降、セミナーのリアル開催ができなくなり、オンラインで開催されることになりました。

「オンデマンドレクチャー」と「ライブセッション」に分かれているので、ライブセッション当日は参加できなくてもオンデマンドレクチャーを聞くだけでも勉強になります。

昨年のセミナーに参加しましたが、充実した内容で「お金を払っても参加する価値あり」だと思いました。

オンデマンドレクチャー

25種類のレクチャーが用意されています。

総論、各論、新型コロナウイルス感染症関連、薬剤師対象など幅広い内容です。

なんとそのレクチャーが11月中は見放題!

昨年よりもさらに内容が充実していますね🎵

ライブセッション

11月13日(土)19時00分〜19時50分 忽那賢志先生レクチャー

11月13日(土)21時00分〜22時30分 新型コロナウイルス感染症座談会

11月14日(日)13時00分〜14時00分 講師への質問タイム

3つのZoomを用いたライブセッションが用意されています。

申し込み方法

〇参加費用:3000円

〇対象者:全ての医療者、医療系学生参加可能

〇申し込み方法:https://idatenseminar2021register.peatix.com/view

申し込み完了後、オンデマンド配信の情報、ライフセッション参加方法などの情報が届くようです。

現時点ではIDATENのHPでの告知は開始されていませんが、今後情報更新されるかもしれません。

/

参考書籍

今回レクチャーで参加される先生方の書籍をご紹介します。

〇 忽那賢志先生の輸入感染症の本です。


〇 伊藤健太先生の小児感染症の本です


〇山本舜悟先生のかぜ診療の書籍です


 

以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

 

 

こちらの記事もおすすめ!