山歩き

京都の雲取山!花脊高原から貴船までハイキングPart1:アクセス

雲取山というと、山好きな人には日本百名山の雲取山を思い浮かべるのではないでしょうか。

日本百名山の雲取山は東京都の最高峰です。

今回は、同じ名前でも京都にある雲取山に登りました。

でかけたのは、今季いちばんの冷え込みを記録した12月最初の土曜日です。

アクセス

雲取山があるのは、京都市の北部にあります。

登山の起点は花脊高原バス停と付近にある駐車場が一般的。

バス路線としては「京都バス 出町柳ー広河原線」となります。

朝と夕方の1日2本しかなく、土日休日のみにある昼間のバスも冬は運休となるので要注意です。

本日の出発地点の花脊高原バス停の時刻表です。

確実にバスに座りたい人へ

このバス路線、本数が少ないこともあり、混雑します。

確実に座りたい人は、始発の出町柳に出発時間よりも早め行って並ぶ方がいいです。

私が出かけたときは、出町柳を出発した段階で満席で立っている人もいました。

途中、観光地の鞍馬や貴船を通るのでそこである程度下車する人はいますが、山道を行くことになるのと時間も長いので確実に座りたい人は、早めに始発の出町柳駅に行くことをお勧めします。

出発地:花脊高原バス停

今回の出発地は花脊高原バス停

ここ花脊は、京都市ではありますが中心地からのアクセスも悪く、秘境という趣があります。

周辺には、山のアクティビティが楽しめる花脊リゾートやキャンプもできる花脊山の家もあります。

が、出発地点である花脊高原バス停付近には、お店はありません。

自動販売機もなかった気が・・・

観光お手洗い

そんななかありがたかったのは、観光お手洗い。

バス停を下りて振り返ると、薄いグリーンの建物があって、その壁にお手洗いの文字が。

ぐるっと回りこむと、こんな感じでお手洗いがあります。

中は、靴を脱いでスリッパに履き替える必要はありますが、きれいな水洗トイレがあります。

トイレットペーパーも完備。

有難く使わせていただきました。

ルート上のお手洗い

先にお伝えしておくと、今回歩いたルート上にはほかにもお手洗いがありました。

  1. 花脊高原バス停付近のお手洗い(↑でご紹介したもの)
  2. 雲取山をこえて、二ノ谷を下りるところでの立命館大ワンダーフォーゲル部の小屋のお手洗い(中は未確認)
  3. 芹生の里の観光お手洗い(中未確認)
  4. 貴船神社のお手洗い(ここまできたら観光地、きっときれいなはず)
  5. 叡山電鉄貴船口駅のお手洗い(ゴール地点、きっときれいなはず)

という感じ。

コンビニやお店

自動販売機やお店は貴船神社奥宮までなかったと思います。

花脊高原バス停付近にもないので、必要なものの買い出しはバスに乗る前にしておく必要があります。

それだけ山深いところを歩くということですね。

ということで、事前説明で終わってしまいました・・・

次回は山歩きの様子をご紹介します。

〇京都府の山をまとめたこんな書籍は地元の山歩きの参考になります。


こちらの記事もおすすめ!