京都グルメ

京都の食材を食べる!みのる食堂京都@京都高島屋で野菜たっぷりランチ

定期的に食べに行きたくなるお店(というかお料理)がいくつかあります。

その一つが京都高島屋にある「みのる食堂京都」の「みのる膳」です。

「今日は違うメニューを試そうかな」と思っても、結局「みのる膳」を選んでしまいます(^^;

今日は、その「みのる膳」をご紹介します🎵

みのる食堂

コンセプト

みのる食堂は、全農の「みのりみのるプロジェクト」の一環で運営されている食堂です。

プロジェクトのコンセプトとして、生産者さんと生活者をつなげる、地産地消、というものがあるようです。

京都に限らず全国に「みのる食堂」があり、その土地で採れた食材を使った料理を提供しています。

立地&待ち時間

京都では京都高島屋の3階にお店があります。同じフロアにカフェ「みのりカフェ」があり、そちらでは軽食やデザートを提供しているようです。

「みのる食堂」は3階でも奥まったところにあるので、まずフロアマップを見てから進むことをお勧めします(適当にあるいて違う方向に行った経験あり)

お店に着いて、お店の外に人が並んでいたとしても、まずスタッフの方に「入りたいんですけど・・・」とアピールしましょう。

お店の人が管理している順番待ちリストに名前を書いてもらう必要があるので、椅子に座るのはその後の方が賢明です。

私は日曜のお昼過ぎに行ったので、20分くらい待ちました。でも、お店にはWifiが飛んでるので待ち時間は苦になりませんでした。

平日のお昼でも、11時になると一気に人が入って満席になったこともあるので「待たずに入れたらラッキー」くらいの気持ちで行くといいです。

感染対策

今回は、2021年10月10日に行きました。

京都は緊急事態宣言が解除されていましたが、感染対策は十分行われているように感じました。気づいたのは以下の点。

  1. 高島屋入店前に(一応)手指消毒と検温の設置
  2. みのる食堂入店時は特に実施義務なし
  3. テーブルの間隔は十分とられている(テーブル間のパーティションはなし)
  4. テーブルに向かい合わせに座る場合は、テーブル上にパーテーションあり
  5. 2人組でも4人掛けテーブルに案内され、向かい合わせで座らないよう配慮されている
パーテーションはこんな感じ

メニュー

フードメニューだけでなく、スイーツやドリンクも充実しています。

果物たっぷりのパフェとか、深山牛乳を使ったジェラートやチーズケーキとか、京都の食材を使ったものがたっぷり。

私はスイーツやドリンクを頼んだことはありませんが、また食べてみたいです。

みのる膳 1760円

フードメニューには、カレーやハンバーグ、牛肉を使った豪華なものもあり迷います。

結局私が毎回頼んでしまうのは「みのる膳」です。

これで、1760円、ごはんとお味噌汁はおかわり自由です。150円プラスすると季節のご飯(今月は黒いお豆が入ってました)に変えることもできます。

季節によって、果物(今回はお皿と同化しているブドウ)やお野菜の付け合わせが変わります。

おかずのみだと1540円ですが、ごはんもおいしく、ごはんの誘惑に勝てた試しがありません。

おかずをアップするとこんな感じ。

お昼ご飯で1760円は贅沢なのですが、少しずついろんな食材を食べることができて、満腹になります。

かなり満足度は高いです!

「最近栄養バランスが崩れてるなぁ」「野菜を食べたいなぁ」と思った時にはついつい足が向いてしまいます。生産者さんを応援できているのも嬉しいですしね🎵

お店情報

  • 店名:みのる食堂京都
  • 場所:髙島屋京都店3階 京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
  • 営業時間:10時30分~17時(変更の可能性あり)
  • 電話番号:075-279-2902

以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

 

こちらの記事もおすすめ!