グルメ

寒い冬でもあったか、京都で韓国料理:行列できる「ピニョ食堂」ご紹介

寒い冬には温かい料理が食べたくなります。

今回は、京都市役所前駅や三条京阪駅からほど近くにある、韓国定食のおみせ「ピニョ食堂」に出かけました。

週末になると行列ができているお店でずっと気になっていましたが、やっと行くことができました。

いろいろな食材を少しずついただける、韓国のお料理を気軽に楽しむことができるお店です。

週末は行列!ピニョ食堂

私が訪れたのは、土曜日の午後1時ごろ。

お店の中をのぞくと、ちょうど1人分だけ席があいていて、待たずに座ることができました🎵

ラッキーすぎる。

席が空いていないときは、お店の外で立って待つことになります。

カウンター席(8人くらい座れるかな?)が基本で、テーブル席は基本ないお店なので長居するお客さんはいません。

ただ、どうしても熱々のお鍋のお料理を頼む人が多いので、食べるのに時間がかかってしまいます。

そして、人気なのでどんどんお客さんが来る!

私が食べ終わった時は、5人以上の列ができていました。

多彩な定食メニュー

メニューはかわいらしい手書きイラストです。

ピニョ食堂の基本スタイルは、定食です。

それに150円をプラスすると、包み野菜としてお味噌と葉物野菜がつきます。

定食メニューは

あと2つ定食メニューがあったと思うのですが、写真撮り忘れ(^^;

でも、どれも1100円くらいでした。

単品メニューもあります。

お酒も飲めるみたいです。

次は夜に来たいなぁ。

ソルロンタン定食+包み野菜 1250円

初めてなので、定食+包み野菜もつけてみました。

まず、小鉢がでました。

お茶はトウモロコシのひげ茶かな。

小鉢3つと、ソルロンタンに入れる薬味(ごま油、塩コショウ)の器です。

やかんが置かれていて、お茶のお代わりはセルフサービス。

5分くらいかな?待ったらぐつぐつと煮えるソルロンタンが登場

包み野菜とご飯もやってきて並べるのも大変!

ソルロンタンのアップ

中にはお肉が5枚くらい入っていました。

白いスープはあっさりした味つけ。

あえて塩控えめにしていて、自由に味付けできるようにしているとのこと。

けっこうたっぷりスープが入っていて、全部飲めるかなーと思ったのですが、あっさりしたお味なのと、途中で調味料を加えて味を変えることもできるので最後まで美味しくいただけました。

包み野菜とご飯のアップはこちら。

ご飯にはお豆やもち米、雑穀がはいっていて、もちもち。

お味噌とご飯を菜っ葉の上に載せて巻いて食べる形式です。

お味噌が美味しかった!調味料としては売っていないみたい。

初めて入ったけど、美味しかったし、これで1250円(税込み)は良心的だと思います。

次は一品料理も頼みたいなぁ。

店舗概要

  • 店名:ピニョ食堂
  • 住所:京都市左京区孫橋町18-3
  • 定休日 木曜日第3水曜日定休
  • 営業時間 11:30-14:30(ラストオーダー14:00)
    17:30-22:00(ラストオーダー21:30)
  • 予約不可
  • 公式インスタグラムはこちら

三条京阪駅、京都市役所前駅から歩いて5分もしないところにあります。

座席数が少ないので週末は行列ができると思いますが、美味しくて行列できるのも納得です。

ぜひ、外で待っても大丈夫なお天気の日に出かけてみてください。

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇京都のグルメ本を何冊も書いている人が行くランチのお店、気になります。


〇ブログ村に登録しています。バナーをぽちっとしてもらえると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらの記事もおすすめ!