日々のこと

今どき医師の必需品?シャチハタ

唐突ですが、「医師署名又は記名押印」って、結局どうすればよいのか知っておられますか?

今回は、「署名又は記名押印」にまつわるお話と、今どきのワクチン予診業務の負担を軽くするためのお話です。

「医師署名又は記名押印」って?

ワクチン接種の問診をするときに、予診票に「医師署名又は記名押印」、「医師名」という箇所が1か所ずつあります。

1日に200人以上問診することもあるので、200×2回も署名するのは大変です。

手も疲れますし、きれいに書かなきゃと思うと精神的にも疲れます。

書くのって大変

 

実は、それぞれ意味が違います。

〇「医師名」

名前があればOK。ゴム印でも、署名でもなんでもOK

→こちらは、以前からゴム印で代用されることも多くありました。

〇「医師署名又は記名押印」

署名:当事者(自分)が名前を書くこと。

記名:自分で書く以外の方法で、つまり代筆やゴム印、パソコンを使用して氏名を書くこと。

押印:印鑑を押すこと。

という違いがあります。

詳しく知りたい方は、シャチハタさんのHPをご覧ください1)。

便利!氏名と押印がセットになったハンコ

この、「署名又は記名押印」問題、を一気に解決するハンコがあることを、医師仲間から聞きました。

名前と認印が一気に押せるハンコです。

こちらを早速注文しました。

わたしが使ったのは、こちらのお店です。

名前と認印が一気に押せるハンコ(屋号や住所は不要)の小さいほう(13 x 42mm)を注文しました。

このお店以外でも、いくつかのお店でネット購入できるようです。

「ワクチン」「記名押印」「シャチハタ」で検索するといくつか出てきます。

届いた、使ってみた!

注文して1週間くらいで届きました。

とっても便利

 

自治体によって対応に違いがあるようですが、私が関わったところは問題なく使用できました。

「医師署名又は記名押印」、「医師名」の2カ所にポンポンと押せばOK。本当に楽!

その分生まれた余力で、利用者さんとお話をすることができました。ほかのスタッフの方への対応も余裕が生まれたと思います。

周りの医師仲間に聞いても「これいいよねー」という人が多い。

その一方、「うちの地域では使えない・・・」という人も。

こういうところから、業務の効率化を図っていきたいものです。

 

このハンコをまだ使っていない同業者の方、ぜひ導入してみてください。費用対効果抜群です!

ワクチン接種に行かれる方、このハンコを使っている医者がいたら「医者も工夫してるんやな」と思っていただけると嬉しいです。

以上、ご参考になれば嬉しいです。それでは。

<参考にしたHP>

1)電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド: 混同しやすい「捺印」と「押印」の違いとは?. https://dstmp.shachihata.co.jp/column/01200512/

こちらの記事もおすすめ!