グルメ

豆でできた麺「ZENB」のご紹介:手抜きのごはんにおすすめ

ZENB」とはお野菜の皮や芯もまるごと全部使った、様々な加工食品のブランド名です。

お酢などで有名なミツカンが親会社です。

野菜の栄養を丸ごととれる、という言葉が魅力的で何回か購入したことがあります。

特にヌードルがおすすめ!今回は手抜き料理にも使えるZENBの魅力についてお伝えします

ZENBって?

野菜の皮や芯まで余すところなく可能な限り使う、というのがコンセプト。

野菜ペーストや、シリアルバー(スティック)ヌードルなど様々な商品が作られています。

野菜ペーストやシリアルバーも、余計な甘みが加えられていないので健康に良いかな、と思います。

私は野菜ペーストシリアルバーも試しましたが、やっぱりヌードルが一番おいしくリピートしています。

まず、購入方法

リアルなお店では購入することができず、公式オンラインショップやアマゾンで購入が可能です。


クレジットカードだけでなく、Amazon Payを利用することもできるので、「AmazonでポイントがたまったらZENBを買おう」とすることができるのが魅力です。

時々キャンペーンで「送料無料」とかしているので、そういうタイミングを狙うのも良いかもしれません。

あと、何回か購入していると、一定金額以上購入すると使うことができるクーポンが届くこともあります。

おすすめZENBヌードル

ZENBヌードルは、豆だけでつくられた麺です。

一見普通のパスタのように見えますが、豆100%。

なので、ゆで汁をそのままスープとして使うことも可能です。

レシピブックもついています

このZENBヌードルにあわせて作られた、動物性原材料不使用のヌードル用のソースやスープもあります。

麺好きとしては、頻繁に食べても全部お野菜で、おまめだからたんぱく質&食物繊維が豊富、と言われると嬉しくなります。

麺80gの栄養価

エネルギー:261kcal 脂質:0.9~2.5g

糖質:38.5~42.9g 食物繊維:9.9~13.6g

今回購入したもので、いくつか紹介します。

ZENBヌードルとミニトマトのソース

麺を7分ほどゆでて、ソースの袋を温めて。

簡単すぎる・・・

麺とソースのセット商品もあります。

ZENBヌードルとごま担々スープ

ZENBヌードルと、ごま担々スープ、冷凍鶏肉、チンゲン菜

お湯を沸かして、スープを溶かして、沸騰させます。

その後、ZENBヌードルを半分に折って投入。

ZENBヌードルはかなり弾力があって、半分に折りづらいです。

折った時に短いかけらが飛び散る恐れがあります。

無理に半分に折らなくてもいいかも

ゆでている間に、鶏肉とチンゲン菜を出汁とお酒でゆでる・・・

スープの量が多かったので、半分くらいに減らしました。

ごまの味がしっかりしていても、胃もたれしなくておいしかったです。

簡単で、ちゃんとしたごはんになって、体にも良い、といういいことずくめ。

焼きそばができるソースもあります。


決してやすくはありませんが、同じような値段の高級ソースとかもあるので「ちょっと贅沢したい家ごはん」の時に良いかな、と思いました。

外食するよりは断然安いですし。

以上、ご参考になればうれしいです。それでは。

 

こちらの記事もおすすめ!