2021年夏山:立山室堂~折立

夏山縦走:立山室堂から折立まで、その3室堂から浄土山

前回までの話

ようやく富山駅から立山室堂に到着。

登山届けも提出し、いよいよ歩き始めます!

https://parallel-careers.com/%e5%a4%8f%e5%b1%b1%e7%b8%a6%e8%b5%b0%ef%bc%9a%e7%ab%8b%e5%b1%b1%e5%ae%a4%e5%a0%82%e3%81%8b%e3%82%89%e6%8a%98%e7%ab%8b%e3%81%be%e3%81%a7%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%ae2%e5%af%8c%e5%b1%b1%e9%a7%85%e3%81%be/129/?preview_id=129&preview_nonce=ce69517860&_thumbnail_id=139&preview=true

今回の全行程

前泊:京都駅から電車を乗り継ぎ富山駅まで。ビジネスホテル宿泊。

1日目:富山駅から立山黒部アルペンルートで立山室堂まで

登山開始し、浄土山経由で五色ヶ原まで。五色ヶ原山荘宿泊←今回はココ

2日目:五色ヶ原からスゴ乗越小屋まで。スゴ乗越小屋宿泊

3日目:スゴ乗越小屋から薬師岳を越えて太郎平まで。太郎平小屋宿泊。

4日目:太郎平から折立まで下山。

五色ヶ原までの道

立山室堂から五色ヶ原までは、雄山方面の一の越を経由するルートと、浄土山を経由するルートがあります。

今回は、「一の越は今まで行ったことがあるけど、浄土山は行ったことがないから」という理由で浄土山を経由していくことにしました。

浄土山に向けて

浄土山登山口から室堂を見下ろしならが少しずつ高度を上げます。

いいお天気!

 

途中に1か所雪渓もありましたが、斜度もさほどなく問題なく通過。

すこしの間ルートを見失い、ごろごろとした火山特有の石(というか岩)を歩きましたが、問題なく登山道に復帰しました。

雪渓も短い距離ですがありました

 

一部急で手を使って登るところもありましたが、登る分には大きな問題はありません。

ただしんどいだけ・・・「おとなしく一の越に行った方がよかったかな」「下りではこっちは使いたくない・・・」など思いながら進みます。

雷鳥との出会い

のぼりきって、浄土山を過ぎて少し平坦になったところで、座って草むらの方を見ている女性二人がいました。「何かいるのかな?」と眺めていると、「雷鳥がいますよ」と。

見にくくてごめんなさい

 

いいお天気なので、雷鳥と出会えるとは思っていなかったので、嬉しい!

すこし歩いて、浄土山南峰に到着。

まだ先は長い

 

今日の目的地である五色ヶ原は見えたけど、それまではまだ雪渓を越えて、ザラ峠の下りがある・・・

ここは雄山方面に向かう人、雄山方面から来た人の交差地点。多くの人が休憩していました。

わたしもしっかり休憩。ここで出会った「明後日のテント泊の下見で、トレランで五色ヶ原まで往復する」というトレランの女性とは、ザラ峠でも再開し励ましてもらうこととなります。

まだまだ続く。

 

浄土山へのみちはごろごろした岩があって歩きにくい

こちらの記事もおすすめ!