グルメ

ほっこりする和食店「りょうりや御旅屋」の個室で美味しいディナー

急に寒くなった12月最初の週末。

夜に、友人と食事にでかけました。

訪れたのは、京都四条河原町にもほど近い「りょうりや御旅屋

特徴的な名前と、いろいろなサイトでの高評価から気になっていたお店です。

今回は6600円のコースをお願いしました。

りょうりや御旅屋

木屋町通を歩いて高辻通との交差点にある「りょうりや御旅屋

交差点にあってわかりやすく迷うことなく到着できました。

私が行った日は予約で満席、人気のお店であることが分かります。

お店の名前の由来

「御旅屋」とかいて「おたや」と読みます。

お店にあった説明によると・・・

加賀藩の藩主が出かけた先で休憩する場所を「御旅屋」と呼び、石川県や富山の方の苗字だそうです。

店主の方の苗字も「御旅屋」で、ご親戚にもお料理や旅館などのお仕事をされている人が多いそうです。

面白いですね。

追加料金なく利用できる個室

気軽に話をしたいので、個室を予約しました。

こんな感じの掘りごたつ風の個室です。

掘りごたつの足元は床暖房がついていて、暖かかったです。

6600円のコース料理

メニューをみるとアラカルトもあるようですが、今回はコース料理をお願いしました。

飲み物のメニューはこちら。

希望を伝えると、いろいろ提案していただけてよかったです。

では、ひとつづつお料理をご紹介します。

蟹の酢の物

中に蟹の身が入っています。

一番下に蕪が薄く切ったものがあって、それに蟹のいいおだしがからんでいて美味しかったです。

白子の茶わん蒸し

上にかかっているたれが、ポン酢風味で白子もこういう風にいただくことができるのか、と思いました。

体が温まって美味しかったです。

お造り

どれもおいしかった。真ん中が烏賊で、左右のお魚は珍しいお魚やったと思うのですが記憶あいまい(^^;

焼き物

お魚もおいしかったけど、びっくりしたのが左の桜エビのかき揚げ。

桜エビというと春のお料理と思っていましたが、漁獲量の関係で冬にもとれることがあるそうです。

さくさくしていて美味しかった🎵

20種類の野菜のサラダ

少しずついろんな野菜をいただけるのが楽しかったです。

土佐酢のジュレと黄身酢のソースでいただきました。

イノシシお団子のお椀

大きなイノシシのお肉のお団子でした。

うまみがあって美味しかったです。

ごはんと赤だし

ちりめんじゃこのご飯と、赤だし。

赤だしに入っていたキノコが美味しかった。

デザート

プリンを凍らせたもの。

上はキャラメリゼされていました。

ちょうどクレームブリュレを話題にしていたこともあって、嬉しかったです。

洋風のデザート、意外性があって美味しかったです。

店舗概要

  • 店名 りょうりや御旅屋
  • 住所 京都市下京区西木屋町通り高辻角天満町456ー2
  • 電話番号: 075-343-1513
  • 営業時間 昼:12時~14時(ご予約)晩:17時〜22時までにご入店
  • 定休日 月曜定休

お店の雰囲気も良いし、お料理もおいしいし、個室追加料金かからないし、夜のコースがこの値段というのはお値打ちだと思います!

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇すごく内容が充実しているらしい、京都特集の雑誌


〇ブログ村に登録しています。バナーをぽちっとしてもらえると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらの記事もおすすめ!