グルメ

四条河原町の「季の音」で「黒蜜きなこかき氷」を食す

9月にはいてもまだまだ暑い日が続いていた9月上旬。

用事のついでに、四条河原町の「季の音」でかき氷を食べてきました。

四条河原町の交差点すぐそばですが、ビルの2階ということでこれまで入る機会がありませんでした。

ビルの2階って、入りにくい・・・という人もいるかもしれませんが、意外にすっきりしたお店だったのでご紹介します。

場所は河原町通四条上ル東入ル

この和カフェ「季の音」の場所ですが

「四条河原町の交差点の、東側の歩道を北に向かって1区画上がって細い路地を右に見たら看板がある」

という感じです(えー、ざっくり)

実際の看板。

もっと具体的に行ったら、四条河原町のサーティーワンのある通りを入ってすぐ、です(カフェの場所をアイスクリーム屋さんを目印に説明するという・・・)

この路地は若者がたむろっていることが多いですが、河原町通から入ってすぐなので、気後れすることなくさっと入りましょう。

ビルの入り口は狭いですが、こういう看板があって「ここで大丈夫や」という気持ちになって、エレベーターで4階にあがりました。

和カフェ「季の音」

4階に入ってみると、思ったよりも明るくて清潔感のある空間がひろがっていました。

座席の雰囲気はこんな感じ。

若い人が多かったですが、中年のグループも何組かいました。

若い男の子だけのグループもいたのが印象的。

途中で空いた席にも、移動をさせてくれてありがたかったです。

この苺畑氷が人気のようですが、今回は和っぽいものを選びました

黒蜜きなこ氷 1100円

なんとなく、和を感じるものを食べたくて、こちらを選択。

他のものよりもお安い値段だったのも決め手の一つでした。

で、登場。

なんか、色合いが地味ですねぇ。

エスプーマがかかっているのですが、そこにも黒糖が入っていて、きなこ、黒蜜と茶色い食材でつくられたかき氷。

エスプーマの上には、クルミが乗せられていて、触感が楽しかったです。

白玉に加えて、栗の甘露煮も添えられていました。

食べ進めると、中には黒糖のゼリーが

やっぱり地味な色合い・・・

「若者向けのカフェなんちゃうん?」と思って入ったのですが、思ったよりも美味しかったです(失礼)

御抹茶もいただけたり、軽食もあったり、使い勝手はよさそう。

若い人で、和スイーツを食べたいけど、食べたいものがそれぞれ違う!という時におススメかな、と思いました。

鴨川や祇園にも近くて便利ですよね。

店舗概要

  • 店名:和カフェ 季の音
  • 住所:京都市中京区河原町通四条上ル米屋町384番地 くらもとビル4階
  • 電話番号:075-213-2288
  • 営業時間: 11:30~18:30(LO 18:00)
  • 定休日:火曜日

メニューなどの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇季の音がある四条河原町は京都観光に便利な場所です


 

こちらの記事もおすすめ!