グルメ

京都の出町柳にあるミシュラン一つ星の和食「弧玖」で美味しいランチ

2022年の7月上旬、京都の鴨川デルタで有名な出町柳にあるミシュラン一つ星の和食店「弧玖」でランチをしてきました。

季節を感じるお料理をご紹介します。


弧玖

弧玖と書いて、「こきゅう」と読みます。

以前、一度行ったことはあるのですが、頻繁に行く価格帯のお店ではないので、久しぶりに伺いました。

出町ふたば、がある通りをまっすぐ北に向かって進んで「まだかな・・・」と思うころ、左手にお店があります。

豆餅で有名な出町ふたばの「栗餅」を京都タカシマヤで並ばずゲット豆餅で有名な「出町ふたば」の季節限定の栗餅を京都高島屋で購入しました。そのレポです。...

7000円(税サ込8190円)ランチコース

今回は、一番安いランチコースにしました。

冷たい煎茶でスタート。

暑い日だったので助かりました。

飲み物はいろいろあったようなのですが、もう暑いし「お水でいいです」と氷水をいただくことにしました。

続いて食前酒、岡山の甘いお酒でした。

次からがお料理です。

先付

イカ、カボチャ、赤いのはトマト。

見えない真ん中に北海道の「和田牛蒡」をゆでて天ぷらにしたものがありました。

どれもおいしかったです。

煮物椀

煮物椀は、鱧でした。

真ん中の赤いのは梅肉。

夏のお料理ですね。

お造り

お造りは、イサキでした。

左はお醤油、右はお塩。

お塩は沖縄のもので、「これでお酒が飲める」と思ったほど美味しいお塩でした。

八寸

八寸はこういう風に盛り付けられて登場。

前回行ったときもこんなプレゼンテーションやったのを思い出しました。

笹は「七夕」左の長刀鉾は「祇園祭」、手前の串に刺されたものは「みたらしだんご(御手洗川からの下賀茂神社)」を示しています。

祇園祭の長刀鉾が描かれた器

こんな風に取り分けていただきました。

粽の中はお寿司で、ほおずきの中は桃の白和えでした。

強肴

アユの塩焼きでした。

これも夏の味覚ですよね。

蓼酢には、ごはんをつぶしたものを入れて、裏ごししてとろみがついていました。

そのおかげで、アユにしっかりつけていただくことができました。

茄子を揚げたものと、鱧(だったかな・・・)を揚げたものに餡をかけたものです。

真ん中に柚子胡椒があって、味の変化を楽しむことができました。

瓜をスライスしたものを塩もみしたのがかかったごはんです。

シャキシャキとした食感が楽しかったです。

ウリをスライスして、塩もみしたものを炊きあがったごはんに混ぜたそう。

簡単にできていいですよね。

赤だしの中にも瓜が入っていました。

果物と菓子

スイカにブランデーゼリーがかかったものと、クレームブリュレ。

果物だけでは物足りないなぁ、ということもあるのでクレームブリュレはうれしかったです

お店の方も「クレームブリュレは人気」とおっしゃってました。

季節を感じるお料理やしつらいで楽しい時間でした。

店舗概要

  • 店名:弧玖
  • 住所:京都市上京区出町通今出川上ル青龍町204
  • 電話番号: 075-746-4375
  • Web予約もあります。こちらからどうぞ。

詳細は公式ホームページをご確認ください。

私が行った2022年7月上旬は、店主の方はマスクを外して調理・接客していました。

ほかのスタッフのかたはマスクをしておられました。

店主の方がマスクを外したまま接客をされるのが気になりましたが、何も言えず・・・

今度から確認してから予約しようと思いました。

以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

こちらの記事もおすすめ!