グルメ

人気のカフェ「お菓子 つくる」で季節限定の美味しい「いちごパフェ」を食す

いちごが食べたい季節になってきました。

今では年中いただける苺ですが、なぜかまだ寒いけど春を感じる時期になると食べたくなります。

で、今回はとっても豪華ないちごパフェをいただいてきました。

その値段、飲み物や前後の小菓子があるとはいえ、2700円!

そのお店「お菓子 つくる」は受付開始と同時に枠が埋まる人気店。

入店の方法とともにご紹介します。

まずウェイティングボードをチェック

お菓子 つくる」は予約はできないシステム

お店の前にウェイティングボードがあって、そこに名前を書きます。

ベンチの上にある白いのがウェイティングボード

1回6名まで一斉スタート

カウンター式のお店で、1度に入れるのは6名まで。

基本的に一斉スタート。

私が到着したのは、13時15分ごろ。

午後のオープンは13時で、13時からの会は満席。

次の14時からのウェイティングリストに名前を書きました。

14時からの会は14時15分スタート。

それまでは、西陣織会館まで歩いて、お手洗いを借りるとともに時間をつぶしました。

京都御苑の梅が咲いた!資料館もできてる&西陣織会館で無料で京都観光京都御苑の梅が咲き始めました。新しくできた施設や、西陣織会館など無料で楽しめるスポットをご紹介します。...

手の込んだ美しいデザートたち

お店はご夫婦二人で運営されています。

ご主人がデザートを作っていて、奥さんが接客。

奥さんがご主人の作るデザートに心から美味しいと思っているのが会話の端々から伝わってきました。

メニューは撮影していないのですが

  • 3種類のメインのデザートから1種類
  • 6種類くらいのドリンクから2種類(小サイズ)or1種類(大サイズ)

を選びます。

メインのデザートは定期的に変わって、値段もデザートによって変わります。

今回は「苺のぱふぇ 2700円」を頼みました。

コース型式のデザートをご紹介します。

苺のぱふぇ 2700円

まず最初に出てきたのはドリンク

レモンの酵素ドリンク炭酸割(水割りも選べます)

さっぱりしていて美味しかった。

2種類飲み物を頼んだ場合はどちらを先に提供してもらうか選ぶことができます。

デザートの前のデザート

さつまいものおでん仕立て

小さなさつまいもの上に乗っているのはマスタード

ほっくりとしたさつまいもと、粒マスタードの食感と辛さが新鮮で美味しかったです。

ゆずのシロップドリンク(水割り)

甘みを足したい場合は別添えのシロップを入れて調整できます。

そのままでも美味しかったです。

メインのデザート「苺のぱふぇ」

事前に「こんな感じです」と説明イラストが渡されました

なんか、設計図みたい。

出てきたのはこちら。

食べるときに「これは何の味かな」と確認しながらいただきました。

私は、カルダモンのゼリーがさっぱりしていて美味しいなぁ、と思いました。

目の前でつくってくれるので、それを眺めている人も多かったです

(私は本を読んで待ちました)

締めのお菓子

ポテトチップス

羅臼の昆布塩と紀州の梅フリーズドライがかかっていました。

何枚でも食べられそう、美味しかったです。

食べた後には・・・

葵祭か下賀茂神社や上賀茂神社のお皿でしょうか。

ここまで入店から50分。

「以上になります」という挨拶があって、ここにお会計。

テイクアウトのお菓子もあって、みなさん何かしら購入されていました。

店舗情報

  • 店名:お菓子 つくる
  • 住所:京都市上京区瑞光院前町36-2(最寄り地下鉄は鞍馬口駅)
  • 電話番号:075-205-3878

公式インスタグラムでは、その時のメニューや混雑状況を発信されています。

ねらい目は午後遅い時間帯?

私が訪れた日はあまりいいお天気ではなかったためか

13時からの会は満席6名

14時からは5名

15時からは1名

でした。

午後遅めの時間帯がねらい目のようですが、場合によっては直前では満席のこともあるので何時に行けばいいか、むつかしいですね。

事前に電話をかけて問い合わせている人もいました。

〇近所の本屋さんで目立つところに置いている本


以上、ご参考になればうれしいです。

それでは。

〇ブログ村に登録しています。バナーをぽちっとしてもらえると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらの記事もおすすめ!